メールマメになろう

男性の中に多いのはメールは要件がある時だけメールをするという人です。
確かに男友達と用もないのにおしゃべり目的でメールのやり取りをするという男性は少ないでしょう。
しかしその要件のみのメールのやり取りでは出合い系の女性は満足しません。いえ、むしろ不満に思うでしょう。

男性からすれば今日○○のお店に行ってランチにパスタを食べたとランチの画像付きの日記のようなメールが送られてきてもそうなんだと思うだけです。
別に緊急の要件でもないし、そもそもとりたてて知りたい情報でもないわけです。
しかしここで返事をしなければ何でメールの返事をしてくれないの?と喧嘩のタネになってしまうでしょう。

好きな相手には自分の事を知って欲しいし、常に自分の事を気にかけていてほしい。
メールはそうゆう意味だと解釈し、要件とかそうゆうものは必要ないのです。
これはメールに限定されずに会話でも言える事かもしれません。
女性の会話はとりとめなく話し続けますよね。
男性としては要件をまとめてから話して欲しいと思ったり、またはその話のオチはどこにあるの?と思ったりします。
男性にとっては言葉とは何かを伝える伝達ツールとみなしていますが女性は言葉はコミュニケーションツールなのです。
親しくなるための手段であって、その意味が重要なのだと考えません。
これは男性脳と女性脳の働き方の違いが大きく出ていると言えますが、脳が違うからそこまで付き合えないという態度は絶対にNGです。

そうではなく、出合い系サイトの女性はそうゆう生き物なんだと受け入れて相手のメールや会話に付き合う事が大切です。
こっちが相槌を打てば相手は気分よく話を続けてくれるので要件がないメールでもメールがきたら返信をする。
自分からも要件がなくてもメールをする。とにかくメールマメになる事が女性にモテる要素の1つとなるでしょう。
ここで面倒くさいと思ってはいけません。男女交際とは楽しいだけではなく面倒な事も同時に引き受ける事なのです。

好感度を上げるメールとは?

出会い系サイトでは好感度を上げるメールを書く必要があります。
しかし好感度を上げようと思ってメールを書くと、好感度は下がります。
ではどんなメールを書けばいいの?と思うかもしれませんが、正直なところ明確な答えはありません。

もちろん丁寧な言葉で、誤字脱字のないメールを書く。
長文メールは読むのも返信をするのも大変なので、長文にならないように注意する。
自己紹介が自慢話にならない、話題は女性が興味がない話題は振らないようにする・・・・など注意点はあります。
しかしこれは好感度が上がるというよりも、最低限これだけは気を付けようという内容なのです。

そして普通の状態から、この人だったら会ってみてもいいかもと思うためにどんなメールを書けばいいのか。
その答えが分からないのです。
なぜかというと、Aちゃんとはすごく意気投合して、何を話しても盛り上がり楽しかったという男性がいたとしましょう。
それでもう自分は出会い系サイトのメールをマスターしたと思ったのにBちゃんとは一向に盛り上がらない。

これは相性の問題もありますし、人によって好きなタイプの男性像は異なりからです。
おしゃべりな男性が好きな人もいれば、無口な男性が好きな人もいます。
女性の扱いが上手な男性にリードされたいという人もいれば、不器用で女性慣れしていない男性にいろいろ教えたいという人もいます。
相手がどのタイプの女性なのか、分からないからこそ、作戦を練っても上手くいかないのです。
もう素の自分で勝負して、ダメな場合は次へいく、そして素の自分の事を好きになってくれる人を探すしかないのかもしれません。

出会い系サイトで写メを交換するタイミング

出会い系サイトで難しいタイミング、ベスト3位を聞かれたらこう答える人が多いのではないでしょうか?
携番を交換するタイミング、写メを交換するタイミング、そしてデートに誘うタイミングです。
これらのタイミングは早すぎてもいけないし、遅すぎてもダメなのです。

では今回は写メを交換するタイミングについて紹介したいと思います。
ネットで知り合った相手なので、本音を言えば最初の段階で相手がどんな顔をしているのか知りたいという気持ちはあります。
好きになる相手は外見ではなく、内面重視という人だって、やはり相手がどんな外見をしているのか気になるのは事実です。

しかし同時に自分の顔も立派な個人情報ですよね。
その画像を変に悪用されたら嫌ですし、またよく知らない相手に自分の写メを送る事は不安です。
そのため親しくならないと交換をする事は出来ませんし、逆に親しくなりすぎてしまう、好感を持たれ過ぎると遅すぎるのです。

好感を持たれ過ぎるという表現は変に聞こえるかもしれません。
好かれた方が嬉しいわけです。
ですが顔を知らないので過剰に期待をしてしまい、格好いい、可愛いと相手の容姿を想像してしまうわけです。
そして実際に写メを見たらイメージと違ってガッカリしてしまう。
メールのやり取りが上手くいっていても、写メを交換した途端に音信不通になってしまうという事も可能性として十分にあります。

だからこそ過剰に期待される前に、ある程度親しくなった段階で、ささっと写メを交換してしまった方がいいのです。
その時点でダメでも諦めがつきますよね。本気になってしまっていると傷ついてしまいます。

結婚したくてもしにくい時代

現在の日本の社会では結婚をしたいと思ってもなかなかする事が難しい時代になってきています。
昔は結婚適齢期になれば、親や親せきが勧める相手と結婚をするのが一般的でした。
しかし今では恋愛をして自由に結婚をしたい、そもそも結婚する、しないは本人の自由だという社会になりました。
生き方の選択肢が増えた事はとても喜ばしい事です。

ですが、結婚相手を自分で見つけるという事は実際には非常に難しい事なのです。
恋人と数年付き合って、そのまま結婚をするというパターンもありますが、恋人の条件と結婚の条件は必ずしも一致しません。
そしてそもそも恋人すらずっといないという人もいるでしょう。
結婚適齢期も時代とともに高くなりつつありますが、それでもタイムリミットは存在します。
それは女性は出産を考えると、35歳までには出産をしておきたいので、結婚は30代前半までにしておきたいのです。

男性もそれぐらいの年齢になると、結婚=社会的信頼という立場を手に入れる事が出来る、昇給のために結婚を考えるようになります。
また親に孫の顔を見せるのが親孝行だと考える人も少なくないでしょう。
周囲の友達がどんどん結婚していくという状況もまた影響しています。

結婚したくて、結婚相手を探すために行動をする事を婚活と言いますが、出会い系サイトで婚活をする人も最近は増加傾向にあります。
確かに親、親せきに頼らず、自力でとなると、日常生活に出会いがなければネットで出会いを探そうと思うのは自然な流れですよね。
結婚の条件に合う相手を条件検索で探し、アプローチをする。上手くいけば短期間で相手を見つけられるかもしれません。

Copyright© 2010 気軽に出合いが探せるサイト情報 All Rights Reserved.